人物

山田真貴子の年収はいくら?退職金や夫婦の資産総額がヤバイ!?

山田真貴子さんと言えば、つい最近まで日本を代表するキャリアウーマンでした。
2021年度の中学公民教科書で「憲政史上初の女性首相秘書官」(育鵬社)として写真付きで載るのに・・・
大変な話題を呼んでいますね。

今話題の菅首相の長男である正剛氏と山田真貴子さんの接待問題ですが、やはり官僚はお金持ちなのでしょうか。

その中でも、重要なポストを任されるからこそ、莫大な資金も入ってくると思います。

それに、2021年2月28日に体調不良のため入院、3月1日に内閣広報官を辞職されました
衆院予算委員会で野党の質問に答える予定でしたが、入院をしたため欠席となりました。

きっとこのまま姿を見せず、説明責任を果たさないままにしれっと余生を過ごしていくことになりそうですね。

それにしても、今回の辞任で退職金が入ってくることも考えられますよね!

また、旦那である吉田博史さんについても併せて考えると、夫婦の資産総額についてはさらに膨大なものになると考えられます。

ということで、今回は「山田真貴子の年収はいくら?退職金や夫婦の資産総額がヤバイ!?」と題して、山田真貴子さんのお金回りについて詳しく調べてみました!

山田真貴子と安倍昭恵夫人の関係は?流出した女子会画像のメンバーがやばい!

続きを見る

山田真貴子の夫はどんな人?経歴や評判をわかりやすく!

続きを見る

山田真貴子の子供の年齢や学校は?顔画像も調べてみた!

続きを見る





山田真貴子の年収はいくら?

さて、年収を算定するにあたり、今回の菅首相の長男である正剛氏と山田真貴子さんの接待問題に関連して、山田真貴子さんは、3か月の間、給与の20%(正確には給与の10分の2の3か月分に相当する額)を一括で自主返納する旨の報道がありました。

今回の自主返納額は、70万5000円になるとの報道から、逆算していくと、月額給与は117万5000円・・・

に12か月と考えても、1410万円となりますね。

これは、あくまで標準の金額だけであり、内閣広報官の給与を調べてみました!

やはり、約120万円相当のインセンティブ(ボーナス)があったり、”なんちゃらかんちゃら金”のようなよくわからない収入も実際にはあると思います。

そうするとなんだかんだで年収で約2000万円近くになるのではないでしょうか?

今回の接待問題以前に、この年収格差が広がる日本の中で、やはり官僚は多くもらい過ぎではないでしょうか。

国民との乖離が広がる一方であり、コロナで窮屈な思いや心苦しい生活を強いられる中、このような接待問題で問題になること自体、少し庶民である我々とはずれてしまっているような気がします。

 

山田真貴子の退職金は?

山田真貴子さんは、以下のとおり数々の要職についています。

  • 1984年 郵政省に入省
  • 女性初の内閣総理大臣秘書官
  • 総務省情報通信国際戦略局長
  • 総務省大臣官房長
  • 総務省情報流通行政局長
  • 女性として初めての総務審議官(国際担当)
  • その後総務省顧問や内閣広報官のポスト

2013年には安倍政権時代に女性初の内閣総理大臣秘書官となりました。

今回、問題視されている問題の1つとして、安倍昭恵夫人の交流もありますよね。

その後も上述のとおり、女性初の総務省局長や総務審議官、さらには、女性初の内閣広報官を務め、
男女平等を訴えるかのごとく、女性初の役職に次々に就任してきました。

そのような素晴らしい功績を残された面も持っているため、退職金は5000万円~6000万円!にも及ぶのではないだろうかと言われています。

あれですね、接待を受けておいしいお酒を飲んで、食事をして、この膨大な金額の退職金を受領できることは本当に羨ましい限りです。

そして何より、この退職金は我々国民の税金から払われるのですね。それが残念で仕方ありません。



山田真貴子夫婦の資産総額がヤバイ!?

また、最近の話題は1つだけではありませんよね。

山田真貴子さんの旦那である吉田博史さんは、今回の違法接待で更迭された秋元芳徳情報流通行政局長の後任となっています。
ということは、夫婦そろって今回の接待問題に絡んでいたようで、正直目も当てられないような状況になっているのですね・・・

このような「和」がある限り、日本の政治はなかなか好転していくことは難しそうですね。

また、具体的に山田真貴子夫婦の資産総額についてより詳しく調べてみました!

ですが、公式サイトはもちろん、SNS、その他現在公開されている全ての記事を確認しましたが、そのような情報を得ることができませんでした。

やはりプライバシーの面でそのような”総額”については、公表されていないと感じます。

ただし、山田真貴子さんだけで年収2,000万超、吉田博史さんもそれに引けを取らないくらいの年収と考えると、
正直、今回の自主返納額である70万程度は全然痛くも痒くもなく、「それくらいで済むならば」と逆に前向きであったかもしれませんね。



まとめ

以上、「山田真貴子の年収はいくら?退職金や夫婦の資産総額がヤバイ!?」をご紹介しました。

今回、菅首相の長男である正剛さんとの接待問題で話題の人となっている山田真貴子さん。

実際に自分たちが納めている税金のうち、ほんの一部であっても、このような形で使われてしまっているのは残念で仕方ありません。

また、山田真貴子さんだけでなく、相当な収入をお持ちだと思うので、資産総額で考えたら半端な数字ではないことは想像できますね。

最後までお読みいただきありがとうございました!

草なぎ剛の演技力どう思う?日本・海外の評価口コミを徹底調査!

続きを見る

ソフトバンク最新CMで春菜が変身した女性は誰?美女の正体に仰天!

続きを見る

文野直樹(大阪王将会長)の年収がすごい!10年で売上げ3倍の理由も調査!

続きを見る

吉田えりのwikiプロフと経歴!日本初の女子プロ野球選手

続きを見る

清水洋史(不二製油)の経歴やwikiプロフ!年齢や学歴も調査!

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Yumi

TVがない田舎生活を始めて6年。東京生まれ東京育ちですが、人混みは苦手です。会社員の傍、ライターやHP制作、SNS集客など複業としてWEB業務を幅広く行なっています。夢は子供も大人も自由に集まり、成長を見守り応援しあえる温かい居場所を作ること。

© 2021 Garden