人物

見里朝希(モルカー監督)の経歴やwikiプロフは?学歴も調べてみた!

話題のコマ撮りアニメ『PUI PUI モルカー』

モルモットが車になった個性的なキャラクターが可愛らしいですよね。

放送中にはTwitterで「モルカー」がトレンド入りし、早くもAmazon Primeで全話配信が決定するなど、勢いが止まりません。

そんな話題作は、見里朝希さんが原案、脚本、絵コンテ、監督を担当され、誕生しました。

早くも社会現象を起こしそうな『PUI PUI モルカー』の作者さんが気になるところ。

そこで今回は『見里朝希(モルカー監督)の経歴やwikiプロフは?学歴も調べてみた!』と題して、見里朝希さんのwikiプロフィールなど、詳しくご紹介します。

見里朝希の経歴

見里朝希さんは、学生時代から才能を開花されています。

『あぶない!クルレリーナちゃん』

初めて羊毛フェルトのこま撮りアニメを制作されたデビュー作です。

第11回ACジャパンCM学生賞にて優秀賞を受賞されています。

公けにされていないだけで、何度も練習用の作品があるのかもしれませんが、それにしても1作目から受賞できるなんて凄いですよね!

『あたしだけをみて』

マンネリするカップルを題材にした、フェルト人形によるコマ撮りアニメ。

大学の卒業制作の作品とのこと。

付き合い始めた頃の新鮮さを忘れて「モルモット」ばかり可愛がる男性と、「モルモット」に嫉妬する女性の話です。

『あたしだけをみて』は、韓国のインディーズアニメーション映画祭「インディ・アニフェスト」のアジアコンペティション部門で観客賞を受賞!!

3年経過しても、今なお評価され続けています。

国や時代を問わず支持される作品です。

また、大学院での終了制作の作品『マイリトルゴート』。

グリム童話『オオカミと7匹の子ヤギ』を題材に、1年がかりで制作されたフェルト人形のアニメ。

口コミによると、親子にまつわる社会問題が表現されていて、見た後に考えさせられる話とのこと。

映像の一部を見たところ、衝撃的なシーンが多くありそうでした。

(念のために、動画を載せるのは控えます。気になる方は見里朝希さんの公式YouTubeで見てみてくださいね。一部が公開されています。)

しかし、国内外で約30もの賞を受賞されています。

・「パリ国際ファンタスティック映画祭(PIFFF)」グランプリ受賞
・「第13回TOHOシネマズ学生映画祭」ショートアニメーション部門 グランプリ受賞
・「第24回学生CGコンテスト」史上初のアート部門とエンターテインメント部門 最優秀賞をダブル受賞

など。

『マイリトルゴート』も、現在でも受賞され続けているようです。



見里朝希wikiプロフィール

引用元:anime-planet

””

名前:見里朝希(みさとともき)
生年月日:1992年
出生地 東京都
職業 映像作家
公式SNS:InstagramTwitterFacebookYouTube

Instagramでは、作品の制作過程を公開されています。

アニメの制作者が仕事ぶりをSNSで教えてくれるなんて、珍しいですよね。

ディズニーやジブリでは、白黒の絵やCGの作り方をテレビで放送することはありますが、監督が個人のSNSで制作画像を上げるのはなかなかないです。

また、YouTubeでは過去の作品を上げられています。

無料で誰でも見られるようになっているので、驚きました!

見里朝希さんがSNS時代に生きる20代の監督だからこその感覚なのかもしれませんね。

アニメの新たな楽しみ方ができそうです♪

見里朝希の学歴

見里朝希さんは、

2016年 武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン学科を卒業
2018年 東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻を修了

されています。

大学でデザインの見え方を学んだ後、大学院でアニメーションを学ばれたようです。

6年間たっぷりと数々の作品に通じる勉強されていたわけですね。

そんな勉強の成果があり、『PUI PUI モルカー』で一躍有名な監督になられました。

ちなみに、見里朝希さんは『PUI PUI モルカー』について、こんな制作秘話を明かされています。

1秒につき24枚分、人形の写真を撮って、そのたびに人形を少しづつ動かして撮影していく地道な作業。

よくて1日4、5秒とかくらいで、難しいカットでうまく行かない時とかは、1日1秒いくかいかないか。

引用元:Real Sound

コマ撮りといえば、手で人形を少しずつ動かしながら撮影する方法。

とにかく根気が必要な撮影方法です。

コマ撮り作品である『PUI PUI モルカー』は、1話あたり2分40秒。全12話。

1日5秒分が撮れたとして1話制作するのに、なんと32日かかります!!

放送時間たった2分40秒の作品に1ヶ月を費やす。

いくらサポートメンバーがいるとはいえ、地道な作業です。

そんなコツコツと努力できる背景には、学生時代に学び続けた精神があったのかもしれませんね。

最後に

以上、見里朝希さんのwikiプロフィールをご紹介しました。

数々の賞を受賞する輝かしい経歴の持ち主でしたね。

『PUI PUI モルカー』が話題になったことで、次回作のオファーがたくさん来ているでしょう。

見里朝希さんが得意とする社会風刺がテーマのものは、描き方が難しいと思いますが、フェルト人形だからこそ描ける作品に期待します。

才能豊かな若き監督が手掛ける次回作は、近いかもしれません。

世界中の人にもっと支持されて、どんどん活躍されるといいなと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

フィッティ2021のCM女優は吉川愛!経歴やプロフィールを調査!

続きを見る

川代紗生(元カレー)の経歴とwikiプロフ!ブログや小説、仕事も調査!

続きを見る

バンダリ亜砂也のwikiプロフ!年齢や身長、本名も調査!

続きを見る

adokasyu
Ado(歌手)のwikiプロフと経歴!出身や年齢、顔画像も調査!

続きを見る

© 2021 Garden