人物

鈴木瑛美子の経歴とwikiプロフィール!令和で話題の女性シンガーに密着!

令和入って3年目を迎えていますが、話題になっている女性シンガーのうちの1人として挙げられる、鈴木瑛美子(すずき えみこ)。

彼女は、高校1年生にして「ゴスペル甲子園」に優勝し、その時の圧倒的な歌唱力で話題を呼びました。

また、テレビ朝日『関ジャニ∞のTheモーツァルト 音楽王No.1決定戦』や、「湖池屋」のCMへの出演で話題となったゴスペルシンガーなのですが、見た目のかわいらしさも兼備しているので一層注目を集めましたね!

21歳となった現在、彼女はどのようなご活躍をされているのでしょうか。

今回は「鈴木瑛美子の経歴とwikiプロフィール!令和で話題の女性シンガーに密着!」と題して、彼女の育ちから経歴、今後の方向について調べてみました!




鈴木瑛美子のwikiプロフィール

ミュージカル俳優、歌手である杉本智孝の次女として1999年生まれの彼女は、4歳の時から保育教材CDに歌手として参加しています。
また、実の家族(父・母・姉)で構成されたでのゴスペルグループ『スギモト☆ファミリー』の一員としてライブ活動をかつてより行っていたようです。

7歳の時、自ら作詞作曲した楽曲で『ヤマハ・なかよしソングフェスティバル』に3年連続で出場しています。

大きく人生が躍進したのは追って紹介していきますが、2015年7月になります。初めて一人で挑んだ『全国ゴスペルコンテスト(ゴスペル甲子園)』でボーカル部門優勝に輝きました。

ここで、彼女の圧倒的な歌唱力とかわいらしさに惹かれて興味を持たれた方も多くいることと思います。

その後、湖池屋のTVCMに起用され、CM動画が100万回再生を突破するなど印象を深く与えて、2019年晴れてメジャーデビューを果たしました。

TVCM等でもっと前から声を聞いていたせいか、思っていたより5歳くらい若く感じています。

wikiプロフィールでまとめてみましたので、見ていきましょう。

  • 名前:鈴木 瑛美子
  • 読み方:すずき えみこ
  • 生年月日:1999年5月16日
  • 年齢:21歳(2020年5月現在)
  • 出身地:千葉県
  • 職業:女性歌手
  • ジャンル:J-POP、ゴスペル
  • 所属事務所:バックステージマネジメント
  • レーベル:avex trax
  • 趣味・特技:カメラ、映画鑑賞、絵、バレーボール

 

超大手のavex traxの看板を引っ提げて活躍する彼女は、実は、中学校・高校時代はバレーボールに相当な力を入れていたようです。

家族と本人の意思で音楽の道以外にも歩めるように育ててこられているようで、あくまでも音楽より学業を優先。

父は、ミュージカル俳優・歌手である杉本智孝であることから英才教育やボイスレッスンをしてこられたと思われがちですが、そういったことは高校時代まで行われていなかったようですね。

やはり、1つのことに集中させることはとても大事に感じますし、「やる!」と本人が決めるまでは、家族の中でも本腰を入れない。
これがやはり必要なことなのかもしれませんね。応援は逆にプレッシャーになってしまう可能性は十分あると思います。

鈴木瑛美子の経歴|令和で話題の女性シンガーに密着!

鈴木瑛美子の経歴①:全国ゴスペルコンテストで話題に

実際にお聞きいただくとわかりますが、毎年見かけられるようなレベルではないですね。正直、他の方とは次元が違うとさえ感じました。

ここで世に名を知らしめることとなりましたし、認知度や人気もグッと伸びたと思います。

すぐにでもプロになるのだろうと思っていましたが、当時はまだ高校1年生。余計にこの動画を見ると「本当に高校1年生か?」と思えるくらい落ち着いてますし、安定した歌声を響かせています。

 

鈴木瑛美子の経歴②:カラオケバトルで「ゴスペル女子高生」

現役女子高生時代に登場し、TVで放送されたこともあり、数多くの居間を沸かせた神回とも呼ばれています。

実際にインスタ上でもこの放送に関連した多くの反響がありました。くしくもこの時、カラオケバトルを制することはできませんでしたが「優勝してもおかしくなかった」「1番心に響いたのは鈴木瑛美子さん!」など、高い評価をTV前からあったようです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ゆーこりん♡(@n.m.m.aizu0901)がシェアした投稿

 

鈴木瑛美子の経歴③:令和元年にメジャーデビュー

2017年12月には、東京国際フォーラムホールAでの「FINAL FANTASY 30th 記念コンサート」で、新日本フィルハーモニー交響楽団をバックに歌っており、肝が徐々に据わってきます。

そして、2019年8月、デビュー曲「FLY MY WAY」でついにメジャーデビューを果たしました。そのデビュー曲の動画(short版)を見てみましょう。

大自然の中で歌い上げる姿もそうですが、なんと言っても声が透き通ります。

そんな彼女は、昔から洋楽を聴いたり歌ったりしてきたので、耳が英語に慣れているとも語っています。

映画『アナと雪の女王』の「Let It Go」の25ヶ国語バージョンも耳コピで覚えて歌ったりと、とてもじゃないですができないようなこともスラっとやりこなしてしまうのが鈴木瑛美子なのかもしれません。

で、実際にデビュー曲の「FLY MY WAY」を聞いてみるとわかるのですが、やっぱり英語も堪能なようで、歌詞の中でもたくさん英語が出てきますよね。調べてみたら、中学生のころから数々の英語のコンテストで優秀な成績を収めていました。

主な受賞歴

2012年
・「君津地方中学英語スピーチコンテスト」暗唱の部 優勝
・「千葉県中学校英語発表会」暗唱の部 優勝

2013年
・「千葉県中学校英語発表会」スピーチの部 3位
・「第65回 高円宮杯全日本中学校英語弁論大会」千葉県代表

今、ゴスペルを武器にしながら自分のものとしてこなせているのはこの英語力があってのものだと感じます。

まとめ

本人もメジャーデビューのインタビューで掲げていましたが、『最終的には世界でも「鈴木瑛美子」を知られるような存在になりたいと思ってます。』とのこと。大きな目標に向けて、これからも前向きに進んでいってほしいです。

今回は「鈴木瑛美子の経歴とwikiプロフィール!令和で話題の女性シンガーに密着!」と題して、まとめてみました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

【2021最新】内田篤人の年俸推移を調査!引退後のリアルな金額も!

続きを見る

中山秀征の書道の実力は?口コミ評価や何段か資格も調査!

続きを見る

神木龍之介の声がいい!口コミ評判やおすすめ動画も紹介します!

続きを見る

singer
久保陽香の経歴やwikiプロフィール!キス顔CMで話題になった美人女優!

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Yumi

TVがない田舎生活を始めて6年。東京生まれ東京育ちですが、人混みは苦手です。会社員の傍、ライターやHP制作、SNS集客など複業としてWEB業務を幅広く行なっています。夢は子供も大人も自由に集まり、成長を見守り応援しあえる温かい居場所を作ること。

© 2021 Garden