人物

道脇裕(ネジロウ)は母や父もすごい!天才発明家の両親と生い立ちを調査!

この記事では、株式会社NejiLaw(ネジロウ)の代表取締役社長の道脇裕さんについてまとめています。

  • 天才発明家である道脇裕さんの両親はどんな人?
  • 道脇裕さんの生い立ちが知りたい!
こんな疑問に応えていきます!

『緩まないネジ』を開発して有名になった株式会社NejiLaw(ネジロウ)の社長、道脇裕さん。

この『緩まないネジ』は、米国航空宇宙規格(NAS)の耐久試験を難なく合格

なんと!耐久試験をあっさりクリアしただけでなく、逆に実験装置の方を壊してしまったというから驚きです!

その評判は瞬く間に世の中に知られることとなり、数々の賞を総なめにしました。

そんな、天才発明家である道脇裕さんは、いったいどんな幼少期を過ごしてきたのでしょうか?そして、どんなご両親のもので育ってきたのでしょうか?

そこで今回は『道脇裕(ネジロウ)は母や父もすごい!天才発明家の両親と生い立ちを調査!』と題して、ご紹介します!





道脇裕(ネジロウ)は母や父もすごい!

調査した結果、道脇裕さんのご両親もすごい方でした!

母:結晶学を専門とする大学教授(物理学者)

父:大手化学系企業の研究所長・役員

ご両親ともに理系研究者優秀な遺伝子が引き継がれているのが分かりますよね。

お母さまは、研究熱心な方で、休日も研究室で過ごしていることが多かったそうです。

また、祖父は前橋工科大学長・群馬大学名誉教授を務めた数学者でした。

さらに、道脇裕さんには発明好きの娘さんがいて、「無針弧ンパス」という円の中心を固定るる針がないコンパスを発明し、恩賜記念賞という賞を受賞しています。

優秀なDNAはお子さんにも受け継がれているようです!



天才発明家、道脇裕の生い立ちを調査!

天才発明家である道脇裕さんはどんな幼少期を過ごしてきたのでしょうか?

生い立ちについて調査いたしました。

調査した結果、驚きの事実が判明しました!

  • 小学校5年生の時に学校教育に疑問を抱き、小学校を自主休学。
  • 中学校時代は、とび職や漁師を経験。
  • 高校は1ヶ月で退学。その後、ハウスクリーニングを行う事業を立ち上げる。
  • その後、社会常識の欠如を痛感。学問の道に戻り、大学受験資格(大検)を受検。
  • 20歳で後留学するも、わずか5日で大学を退学。

ほとんど、学校教育をまともに受けてこなかった道脇裕さん。

学校を休学している間、研究・発明に没頭し、色々な発明を生み出しました。

その数は2万を超えるとか。

では、道脇裕さんは、どんな思いからそのような道を歩んだのでしょうか?

また学校に通わずにどのような事をして過ごしてきたのでしょうか?

詳しく見ていきましょう。

小学校時代

小学校5年生の時、自主休学をしたという道脇裕さん。

休学に至った理由は何だったのでしょうか?

それは、『今の教育システムに疑問を感じる』という理由からでした。

実際にこのように語っていました。

小学校に入学して、先生が授業で説明してくれることは教科書にほとんど書かれていて、その内容は1週間もあれば授業中に全科目の通年分を理解できてしまう。

自分で課題を見つけ解決策を考えて実行することが重要な社会になるのに、日本の教育はそいういう教育になっていない。

このまま中高大学と進んでも、今は独創性をもっていても遅かれ早かれ、多かれ少なかれ、自分も画一的な人間になってしまうだろうと、おそれを抱いた。
引用元:IBM

私が小学生の時なんて、何も考えずに学校へ通っていたような気がします。

はやり、天才発明家は考えること違うのでしょうか!

その後、ご両親にこのように説明したそうです。

『自分は、勉強は嫌いではない。むしろ好きな方だ。それでも今は、それをする時ではない。他にもっとすることがある。だけれども自分はいつか必ず学問の道へもどる。その日が来るまで見守ってほしい』

ご両親は、道脇裕さんの意向を尊重し、10年間も見守ってくれていたそうです。

小学校を休学してからは、お母さまの研究室で、色んな実験に明け暮れました。

お母さまの研究室で過ごしたことが、発明家人生の始まりだったそうです。

その後

小中高生とろくに学校に通わなかった道脇裕さん。

学校を休学してからは、『社会とは一体どういうものなのだろう』と思い、チラシのポスティング、漁師見習い、とび職、内装リフォームなど様々な仕事をして10代を過ごしました。

しかし、友人たちと過ごす中で、自分には社会常識が欠如していると気づき、再び学問の道へ。

大学受験資格(大検)を受検しました。

その後、20歳で、留学を経験します。

留学のきっかけは、予備校の校長をしていた知人の勧めだったそうです。

ちなみに、道脇裕さんの留学資金と生活費などは、この知人が全て用意してくれたとのこと。

留学先は、コロラド州の大学。

日本人が少なく留学するには、良い場所だと勧められたそうです。

しかし、道脇裕さんはこの大学を5日で辞めてしまいました。

辞めた理由は、「どの授業も退屈で面白いと思えなかった」からだそうです。

その後、半年間米国に滞在してし、現地でしか出来ない研究に没頭したそうです。

帰国後は家に閉じこもり、数学の研究に没頭しました。

『緩まないネジ』発明のきっかけは?

『緩まないネジ』の発明のきっかけは、3回にも及ぶ自動車事故によるものでした。

1回目:走行中にタイヤが外れる

2回目:運転中にハンドルが外れる

3回目:高速道路で車が破損

奇跡的に3回とも誰も巻き込むこともなく、道脇裕さんもケガをしなかったとのこと。

これらの事故をきっかけに「緩まないネジ」を考えだしました。

「緩むことがないネジがこの世に存在すれば、今回みたいな事故は一切おきない。それどころか、ありとあらゆる場所に存在するネジそのものの概念も大きく変わる」と信じたそうです。

この『緩まないネジ』を世に広めるためNejiLaw(ネジロウ)を設立しました。

道脇裕さんは今後、全てのネジを『緩まないネジ』に替えたいと語っています。

最近は地震が多いので、あらゆる建物にこのネジが使用されたら安心できるかもしれませんね。



道脇裕のプロフィール

引用元:Twitter

プロフィール

名前:道脇裕(みちわき ひろし)

生年月日:1977年生まれ

出身地:群馬県

職業:実業家、株式会社NejiLaw(ネジロウ)の代表取締役社長



まとめ

以上『道脇裕(ネジロウ)は母や父もすごい!天才発明家の両親と生い立ちを調査!』題してまとめました。

天才発明家である道脇裕さんは、研究者のご両親のもとで、幼い頃から研究に明け暮れた生活を送っていたことが分かりました。

まともに学校に通っていなかったのには驚きましたが・・・

道脇裕さんの意向を尊重したご両親の理解があってのことでしょう。

これからも社会のためになる発明をたくさんしていただきたいですね!

今回は以上なります。最後までお読みいただきありがとうございました。


【2021年版】ソンドンピョの現在!X1からMIRAEまでの経歴も!

続きを見る


阿部なつきの高校や大学はどこ?生い立ちや経歴をまとめてみた!

続きを見る


コムドットやまとの髪型がかっこいい!スタイル別オーダー方法も!

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

happy

幼稚園児の女の子を育てるのワーママです。 毎日バタバタと過ごしています。。。 隙間時間を使ってライターとて活動しています。 食べることが大好きで、コンビニの新作スイーツは毎回チェックしてしまいます♡ 自分の書いた記事が皆さまのお役に立てば幸いです。

© 2021 Garden