東京オリンピック2020

町田瑠唯の経歴を中学高校から現在まで分かりやすくまとめてみた!

この記事では、オリンピック女子バスケ日本代表、町田瑠唯選手のこれまでの経歴をご紹介します。

史上初となるオリンピック決勝進出に大きく貢献した町田選手。

今回のオリンピックで町田選手のことを知った方も多いのではないでしょうか。

この記事で分かること

  • 町田選手がバスケを始めたきっかけ
  • 町田選手の小学校、中学校、高校時代のエピソード
  • 町田選手の日本代表としての経歴
machidarui_kawaii
町田瑠唯(るい)のかわいい画像集!おしゃれな私服や髪型も調査!

続きを見る

町田瑠唯の経歴を中学高校から現在まで分かりやすくまとめてみた!

&n

 

この投稿をInstagramで見る

 

町田瑠唯(@macchi0308)がシェアした投稿

bsp;

162cmとバスケ選手としては小柄ながら、日本の司令塔を務める町田選手。

早速、バスケットボールを始めてから現在までの経歴をご紹介します!

北海道旭川市出身、バスケ経験者の父の元に生まれる

町田選手は北海道旭川市出身。

父親の茂典さんはバスケ経験者で、子供にはバスケをして欲しかったのだとか。

そんな思いとは裏腹に、お兄さんの影響で町田選手は小学校1年生まで野球に熱中!

ちなみに町田選手は3人兄妹で、お姉さんはバレーボールをしていたそうです。

小学生の時にバスケットボールを始める

転機が訪れたのは小学校2年生の時。

同級生と担任の先生に誘われ、バスケットボールを始めることに。

西御料地ミニバスに所属し、バスケにのめり込んでいきます。

町田選手が小学校4年生の時には、父親の茂典さんがアシスタント・コーチに就任。

「お父さん」というよりも「コーチ」というイメージの方が強く、家に帰っても緊張感があったそうです。

町田選手のびっくりエピソード

当時、町田選手が家の中でもドリブルやパスの練習をしていたため、今でも実家の壁や床は凹んだまま。

※ちなみにお兄さんも家の中で野球の素振りを、お姉さんも壁に向かってアンダースローパスの練習をしていたそう。

緑ヶ丘中学校時代には全国大会に出場

 

 

 

バスケの名門・札幌山の手高校でキャプテンを務める

旭川市立緑ヶ丘中学校では1年生の春からユニフォームを渡され、3年生の時は「全国中学校バスケットボール大会」に出場。

中学卒業後は、「身長が低いから」という周囲の反対を押し切り、バスケの名門・札幌山の手高校に進学。

高校入学時の身長は156cm。体重も30kg台後半と、小さな体で大きな門を叩いた町田選手。

3年生の時にはキャプテンを務め、高校総体(インターハイ)、国民体育大会、ウインターカップの「高校3冠」を達成しました。

富士通レッドウェーブに所属

高校卒業後の2011年に富士通レッドウェーブに入団。

1年目から試合経験を積むと、その年のシーズンで「ルーキーオブザイヤー」を獲得。

2014-15のシーズンではリーグNo.1のアシスト数を記録し、リーグベスト5に初めて選ばれました。

リーグベストにはこれまで4回選出、アシストのタイトルも4回獲得するなどの活躍を見せています。

 

以上、町田選手の経歴をご紹介しました。

町田瑠唯の日本代表としての経歴

 

この投稿をInstagramで見る

 

町田瑠唯(@macchi0308)がシェアした投稿

続いては、町田選手の日本代表としての経歴をご紹介します。

なんと町田選手は高校3年生の時から日本代表として活躍しているんです!

大会 結果
2010 U-18アジア選手権 準優勝
2011 U-19世界選手権 7位(個人:ベスト5、アシスト王)
2014 仁川アジア大会 銅メダル
2015 アジア選手権 金メダル
2016 リオデジャネイロオリンピック ベスト8
2017 FIBAアジアカップ 優勝
2018 FIBAワールドカップ
2019  FIBAアジアカップ 優勝
2020 FIBA東京2020オリンピック予選大会
小さな体で世界と戦ってる町田選手、かっこいい!!

町田瑠唯(るい)選手の今後の日程

最後に、町田選手の今後の日程をご紹介します。

種目 日時 テレビ放送
女子バスケットボール決勝(アメリカ戦) 8月8日(日)11:30 テレビ朝日系列(11:30〜)

いよいよ金メダルをかけた世界ランク1位のアメリカとの対戦です!!

絶対に金メダルを獲得して、町田選手のとびきりの笑顔が見たい!

 

それでは今回は以上です。

最後までお読み頂きありがとうございました!

【この記事の参考文献】

 

-東京オリンピック2020

© 2021 Trend Hack