東京オリンピック2020

ルカドンチッチのwikiプロフや経歴!凄さの理由や強さの秘訣を解剖!

東京オリンピックにて、バスケットボール男子スロベニア代表として戦うスーパープレイヤー、ルカ・ドンチッチ選手。
アルゼンチンとの予選ラウンドで新記録に迫る48得点を挙げ、見事アルゼンチンから勝利をつかみ取った若きプレイヤーについてご紹介します。

まず、ルカ・ドンチッチ選手のプロフィールは以下の通りです。

ルカ・ドンチッチ選手のプロフィール

名前:ルカ・ドンチッチ(Luka Doncic)
出身:スロベニア リュブリャナ
誕生日:1999年2月28日(22歳)
身長:201cm
体重:104kg
所属チーム:ダラス・マーベリックス Dallas Mavericks(NBA)
ドラフト: 2018年
公式インスタグラムはこちら
公式ツイッターはこちら
公式Facebookはこちら

高身長でまだまだ若い選手ですね!

参考資料:Yahoo!Sports Navi

ルカ・ドンチッチの経歴

 

この投稿をInstagramで見る

 

Luka Doncic(@lukadoncic)がシェアした投稿


ルカ・ドンチッチ選手は、バスケットボールチームのコーチであり、選手であったセルビア人の父親と、ダンサーやハードル選手、モデルとして活動した美容室経営のスロベニア人の母親の間に生まれました。
幼少期からユーロリーグなどでプレーした父親の影響で、幼い頃からボールやおもちゃのリングで遊んでいたドンチッチ選手は、その後才能をめきめきと開花させていきます。

13歳でスペインの強豪チームレアル・マドリードと契約し、下部組織でプレー後、わずか16歳の時(2015年)にプロデビューを果たします。
そして2018年にはチームを優勝に導き、リーグMVPに選出されたのです。

2018年の夏、勢いをそのままにバスケットの本場であり、憧れのフィールドであるNBAドラフトにエントリーしたドンチッチ選手。
今までの活躍から1巡目3位でホークスから指名を受け、最終的にマーベリックスと契約。
マーベリックスでの素晴らしい活躍が認められ、シーズン新人王を獲得しました。

それまでマーベリックスは鳴かず飛ばずの成績が続いていたものの、ドンチッチ選手が加入してからの2019年、20年は2季連続でプレーオフ進出。
大きく貢献したと評判になりました。

さらに2021年7月には、マーベリックスの拠点であるテキサス州ダラスにおいて、「7月6日を『ルカ・ドンチッチの日』に制定する」と発表し大きな話題を呼びました。
今回のオリンピック最終予選でもシドニー五輪銅メダルなどの素晴らしい成績を残すリトアニアを撃破し、無事に出場を果たしたのです。

そして東京オリンピックでは、アルゼンチンとの予選ラウンドでたった一人で48得点を挙げ、チームの勝利に大きく貢献する戦いっぷりを発揮して話題になりました。

ルカドンチッチの強さの理由

ルカ・ドンチッチ選手の強さの理由をご紹介します。
そこには技術だけではない、ドンチッチ選手のバスケに対する姿勢も垣間見えました。

バスケットボールが楽しいから

好きこそものの上手なれという言葉があるように、楽しんでいる選手は自然ときらきらと輝きます。
ドンチッチ選手は以前、素晴らしい活躍をしたNBAの試合後のインタビューでこのように語っています。

僕はただバスケットボールを楽しんでいるだけだよ。
引用:NBA 

さらに、チームメイトのティム・ハーダウェイJr.選手は以下のようにコメントしています。

「彼は素晴らしい自信を持ってプレイすることができている」。
引用:NBA 

常に大好きなバスケットボールに対して楽しみ、ストイックになり、真剣でいられる姿が彼を大きく成長させていると言えるのかもしれません。

誰にも負けない向上心があるから

ドンチッチ選手は誰にも負けない向上心と夢を叶えるための努力をあえて口に出して表現しています。

「多くの子どもたちが夢見るように、自分も五輪の舞台に立つことを夢見てきた。」
引用:Yahoo!ニュース

また、ドンチッチ選手の母親はインタビューにこのように答えています。

「普段は優しい性格だが、コートに立つと勝利に並々ならぬ執念を燃やし、激しくエネルギッシュな一面が顔を覗かせる」
引用:Niftyニュース 

バスケットボールになると向上心とストイックさからメンバーやコーチとぶつかる時もあるドンチッチ選手ですが、それだけ言ったことはしっかりと叶えようとしている事実がよくわかりますね。

立派な体格とフィジカルさ

ドンチッチ選手は身長201cm、体重104kgと非常にパワー型の選手で、ひとたびプレーで激しいボールの取り合いがあると、彼を突破するのは難しい場面が多いとされています。
実際にドンチッチ選手が出場している試合では、ドンチッチ選手の力強いプレーでボールを奪い、シュートを数多く決めているシーンが多くあります。

ボールを追いかける執念とパワフルさが彼の持ち味で、見ているこちらもスカッとするような爽快な試合運びを続けます。

実際のNBAでのプレーをご覧ください。

ドンチッチ選手がボールを奪い、素晴らしいスピードでリターンすると、ノールックパスでシュートをアシストしたり、大きな体格を活かした力強いシュートが次々と決まっていきます。

このようなパワフルな試合運びがアメリカ人たちを虜にしたと言っても過言ではないでしょう。

ドリブルやシュートの技術力

ドンチッチ選手は、技巧派としても知られています。

この動画でもわかりますが、難しい角度からのシュートを落ち着いていとも簡単に決めます。
また、シュートまでのドリブルも、選手の間を計算されたかのようにしっかりと縫い進み、良いポジションまであっという間に持って行きます。

パワフルなのに丁寧な試合運びがドンチッチ選手の持ち味と言えますね!

7月29日に日本と対戦

ルカ・ドンチッチ選手が代表を務めるスロベニアは7月29日に日本と対戦します。
世界ランキング4位だったアルゼンチンに対して数多くのシュートを決めたドンチッチ選手が日本代表に対してどのように牙をむくのか楽しみですね。

日程 試合開始時間(予定) 対戦国・グループ 試合会場
7月29日(木) 13:40 日本対スロベニア(男子予選ラウンド - グループC) さいたまスーパーアリーナ

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

バレーボール高橋藍のイケメン写真!プレー中からオフまで数多く掲載

続きを見る

ヤンヤガンブレットがかわいい!スポーツクライミングで金メダル候補の美女

続きを見る

卓球のペトリサソルヤがかわいい!日本人との対戦結果やwikiプロフも!

続きを見る

© 2021 Garden