人物

水留浩一の年収がすごい!スシローがコロナ禍で最高業績の秘密も調査!

こちらの記事では、スシローの代表取締役・水留浩一氏の年収やスシローの業績の秘密についてお伝えしています。

  • 水留浩一氏の年収っていくら?
  • スシローの業績が好調な理由は?
  • 水留浩一氏の経歴は?
これらの疑問が解消できる記事です!

水留浩一氏が2015年にスシローの代表取締役に就任して依頼、業績は右肩上がりに成長を続けています。その証拠に、スシローはコロナが流行し始めた2020年の営業利益が過去最高の120億円に達しました。

コロナ禍でも大幅な増収を成し遂げた敏腕経営者・水留浩一氏は一体どのような人物なのでしょうか。

今回は、『水留浩一の年収がすごい!スシローがコロナ禍で最高業績の秘密も調査!』と題して、水留浩一氏の周辺情報を徹底調査してみました!

mizutomekoichi-profile
水留浩一(スシロー)の経歴がすごい!元電通マン敏腕経営者を調査!

続きを見る

水留浩一の大学や出身高校は?スシロー社長の学歴を調べてみた!

続きを見る

水留浩一(スシロー代表取締役)の年収は?


IR BANKの公式HPによると、水留浩一氏の報酬総額は、2020年9月期で1億3700万円だったと発表されています。

ちなみに、2019年9月期の報酬総額は1億5300万円でした。前年に比べ1600万円マイナスになっていますが、コロナ禍での役員報酬として考えるとほとんどダメージを受けておりませんね。

2021年度の報酬総額はまだ分かりませんが、コロナ禍でも売上が好調なので1億は余裕で超えるでしょう!

飲食チェーンが軒並み赤字で苦しむ中、役員報酬もほぼ維持出来ているスシローの営業努力には脱帽ですね。

次の項目から、驚異的な売上を叩き出すスシローの秘密に迫ってみましょう。

スシローがコロナ禍で最高業績の秘密とは


水留浩一氏が推し進めるスシローの経営戦略は、徹底したデジタル化施策です。

このデジタル化施策とは一体何なのか、詳しくご紹介しましょう。

スシローでは、店舗内とテイクアウトを中心にデジタル化施策を進めています。

 

店舗内デジタル化施策

アプリを使用した自動案内システム

注文用電子パネル

席に直接商品を届けるオートウェイター

セルフレジ

 

テイクアウト用デジタル化施策

テイクアウト注文をアプリやネットに誘導するシステムの導入

在庫がないのに注文を受けてしまうのを防ぐ受注管理システムの導入

自動土産ロッカー(一部店舗のみ導入)

特に、テイクアウト用デジタル化施策を予め導入していたことで、コロナ禍でのテイクアウト需要を捌ききった結果、最高業績を叩き出すことに成功したのです。

スシローの取締役執行役員の小河博嗣氏は、デジタル化施策を進める理由についてこのように語っています。

そもそも、回転寿司という業態自体が効率性を求めて始まったもの。その流れから言えば、さらなる効率性を求めてデジタル化を進めるのは当然のこと」。

引用元:ダイヤモンドオンライン

日頃からより良いシステムの導入を進めた結果、ピンチをチャンスに変えられたのですね!

水留浩一のwiki経歴

””

名前:水留浩一(みずとめ こういち)

生年月日:1968年(月日非公開)
出生地:神奈川県三浦郡
学歴:東京大学理学部卒業
職業・職歴:実業家・経営コンサルタント

  • ローランドベルガー日本法人 代表取締役日本代表
  • 企業再生支援機構 常務取締役
  • 日本航空 取締役副社長
  • ワールド 取締役専務
  • スシローグローバルホールディングス・あきんどスシロー 代表取締役社長CEO

水留浩一氏は1991年に電通に入社し、その後はアンダーセンコンサルティング(現:アクセンチュア 株式会社)に転職。その後は上記の通りネームバリューのある会社で取締役を歴任しました。

しかも、ほぼ毎回スカウトされて取締役に就任しているそうです!

水留浩一氏は電通時代に営業の仕事をしていました。次第に会社経営やマーケティングに興味を抱き、アクセンチュア入社後にコンサルタントとしてスキルを磨いていきます。

企業再生支援機構に入社した時は、コンサルタント時代と比較して年収が10分の1になったとか。しかし、水留浩一氏のスタンスは一貫して『身を持って経営を学ぶ』この一点に付きます。

たとえ年収が激減しても、経験と学びを得られる機会を逃さず貪欲に吸収したことで、結果としてスシローの収益が増大し、自身の収入も大幅に増加しました。

目先の損得ではなく、長期的な視点と行動力が現在の水留浩一氏を作り上げたのです。

まとめ

今回の記事では、スシローの代表取締役・水留浩一氏の年収やスシローの業績の秘密について掘り下げてみました。

常に一歩先を見据えるというのは並大抵のことではありません。それ故、徹底したデジタル化施策に取り組んだスシローがコロナ禍でも最高業績を叩き出したのは必然といえるでしょう。

敏腕経営者・水留浩一氏の今後のご活躍に注目ですね!

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!

mizutomekoichi-profile
水留浩一(スシロー)の経歴がすごい!元電通マン敏腕経営者を調査!

続きを見る

水留浩一の大学や出身高校は?スシロー社長の学歴を調べてみた!

続きを見る

© 2021 Garden