人物

【2021年版】桐谷さんの年収がヤバい!投資成績から考察してみた!

リュックを背負って自転車で爆走する投資家の桐谷さん。

資産を大きく増やし、株主優待券だけで生活ができるほどの株を持っているのは知られていますが、コロナの影響で世界的に株価の変動が起こっている中、桐谷さんは大丈夫なのでしょうか?

そこで気になるのは

  • 桐谷さんの年収ってどれくらい?資産は?
  • コロナで株価が世界的に下がったけれど、大丈夫なの?

ということではないでしょうか?

今回は【2021年版】桐谷さんの年収がヤバい!投資成績から考察してみた!」として、桐谷さんの資産はどうなったかを踏まえつつ、コロナ渦での投資成績から年収を考察してみます!





桐谷さんの投資成績

桐谷さんの投資成績を歴史とともに追っていきたいと思います!

 

桐谷さんの投資年表がこちら。

1984年 株式投資を30万円からスタート

1986年 投資信託などで5、6000万円は投資

1989年12月 日経平均は史上最高値に、資産も2億円に

1990年9月 信用銘柄をすべて決済、しかし、その日を底に数日後から反発

2000年前半 1億円台で推移

2005年後半 小泉相場で自己最高記録の3億円に

2007年 プロ棋士を引退

2009年 前年のリーマンショックで資産を減らし5000万円を切る

2012年後半~2013年 アベノミクス相場で再び大台の約1億4000万円に

その後は運用で順調に資産を増やし、総資産は2億円とも3億円とも言われています。

2020年、桐谷さんは預貯金と株を売却するお金で1億円弱のマイホームを購入する決意をします。

そこで、桐谷さんの一大決心を阻んだのが新型コロナウイルス。

株価が大暴落し、1億数千万円ほど時価総額が減ってしまったそうなのです!

マイホーム購入もお預け。

資産は減ってしまいましたが、なんと株主優待と配当で年1000万円以上もらえているとのこと。

桐谷さんは株主優待と配当を合わせて利回りが4%以上の銘柄に投資することを意識していると言っているので

1000万円÷利回り4%=資産2億5000万円

となります!

もし、利回り5%で運用していたとしても資産2億円はありそうですね。

コロナショックで一度資産が減ってしまった、桐谷さん。

しかし、持ち前の分析力で株の短期売買を繰り返したり、長期保有している間に株価が10倍になったりと、2020年は納得のいく成績をあげられたようです。

 

桐谷さんの年収(考察)

桐谷さんの年収について考察してみます。

まず、株主優待と配当で1000万円

他にも、講演会や本の出版をされているので、講演料や本の印税の収入があります。

講演料の相場は

  • 少し有名な人:約20万円~約30万円
  • 売れている人:約30万円~約100万円
  • 有名タレントなど:約50万円~約200万円

だそうです。

例えば20万円の講演会を月3回行うとすると、

20万円×3回×12ヶ月=720万円

講演会だけで年間720万円の収入となります!

次に出版本の印税について。

桐谷さんは株主優待についての本を出版されています。

2020年の11月に出版された『桐谷さんの株主優待のススメ』は税込み1540円。

これが、年間5000部売れるとすると

1540円×5000部=770万円

そのうち桐谷さんの取り分を10%とすると

770万円×10%=77万円

 

桐谷さんの年収は

株主優待と配当1000万円+講演会720万円+本の印税77万円=1797万円

 

となりました!

あくまで推測ですが、年収1700万円以上あれば裕福な暮らしができそうですよね。

コロナで講演会の中止もあるかもしれませんが、オンラインセミナーなどもされているので講演料としての収入はありそうです。

更に、他にもマネー雑誌や証券会社の特集に登場したり、テレビで取材されたりもしていますし、棋士としてのお仕事もあるので、各方面から収入があるのは確かですね!



桐谷さんのプロフィール

株主優待と配当だけで1000万円も稼ぐ桐谷さんとはどんな人なのでしょう?

画像

本名:桐谷 広人(きりたに ひろと)

生年月日:1949年10月15日

年齢:72歳

出身地:広島県竹原市

職業:元プロ棋士・個人投資家

学歴:駒澤大学中退

公式SNS:Twitter

 

今でこそ株主優待で有名な桐谷さんですが、日本棋士連盟に所属していた元プロ棋士です。

当時から将棋において研究熱心で対局相手や駒を指す手順などを覚えているほどの記憶力だったため、「コンピューター桐谷」の異名も。

その分析力が投資に活かされているのでしょうね!

過去には将棋の解説も務めていましたが、2007年に引退しています。

 

そんな桐谷さん、いつ頃から投資に目覚めたのでしょうか?

それは、プロ棋士時代に東京証券協和会に設けられた将棋部の師範をしていたことが縁で、自ら株式投資を学び始めたのでした。

その後は財テク棋士としてマネー雑誌にも登場するように!

今では株主優待の品で生活をする桐谷さんとして有名になりました。

桐谷さんはリュックに自転車というのが定番スタイルですが、リュックも自転車ももちろん株主優待品。

数々のリュックをお持ちのようですが、なぜリュックが必要なのかというと株主優待券がたくさん入っている財布を持たなくてはいけないからだそうです!

なんともうらやましい話ですね!

「私の本体以外はすべて優待品」という名言も飛び出すほど、潤っていらっしゃいます。

家賃や光熱費まで配当金で払っている桐谷さんは、2019年からTwitterを始めました。

日々(1日何回も!)株や優待品などについてつぶやいているのですが、それがまた桐谷さんらしく丁寧だけれど少し笑えるそしてためになるつぶやきになっています!

 

 

まとめ

今回は、【2021年版】として、桐谷さんの投資成績から年収を考察してみました!

桐谷さんは研究熱心であるお陰で、コロナ渦でも株の売買の方法を考え実践して利益を出しました。

世の中が不況にあえぐ中、株主優待と配当で1000万円の収入を得ることができるのは桐谷さんの洞察力のたまものですね!

素朴な愛されキャラでもある桐谷さんからこれからも目が離せません!

 

日プ2炎上まとめ
サマリーポケット2021CM女優は誰?つるの剛士に相談する女性を調査!

続きを見る

なぜベーコンポテトパイはレギュラー復活しないのか?販売中止になった理由も調査!

続きを見る

菅原一秀の実家はどこ?両親の職業や兄弟についても調査!

続きを見る

【動画】菅原一秀のダンス実力がやばい!SAMとのユニットについても!

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Yumi

TVがない田舎生活を始めて6年。東京生まれ東京育ちですが、人混みは苦手です。会社員の傍、ライターやHP制作、SNS集客など複業としてWEB業務を幅広く行なっています。夢は子供も大人も自由に集まり、成長を見守り応援しあえる温かい居場所を作ること。

© 2021 Garden