人物

岩田健太郎の世間の評判は?コロナ・ワクチン発言に信用ないとの声は本当?

日本にコロナが入るきっかけの一つとなったダイヤモンドプリンセス号で、船内の動画を撮影し話題となった岩田健太郎さん。

岩田健太郎さんの行動により船内で行われた感染対策が明るみとなりました。

しかし、岩田健太郎さんは勇気ある行動とは裏腹に評判が悪いのが気になります。

今回の記事では、『岩田健太郎の世間の評判は?コロナ・ワクチン発言に信用ないとの声は本当?』と題して、岩田健太郎さんの世間の評判を調査してみました!





岩田健太郎の世間の評判

ネットの声を見てみると『後出しじゃんけんばかり』『政府には進言しないくせに言いたい放題』と、かなり辛口な評判が目立つ岩田健太郎さん。

何故そのような声が上がるのか、原因を調べてみました!

ダイヤモンドプリンセス号ではお荷物&逆ギレで動画公表?

結論から言うと、岩田健太郎さんは

  • ダイヤモンドプリンセス号に強引に乗り込んだ。
  • 現場の指示系統を無視したスタンドプレーにより下船を指示された事に逆上
  • 現場のずさんさばかり指摘した動画をYouTubeに投稿した。

というのが真相のようです。

思ってたのと全然違う!現場に迷惑かけただけってこと?

それでは、実際に船内で起こった出来事を詳しく見ていきましょう。

岩田健太郎さんはDMAT(災害派遣医療チーム)としてダイヤモンドプリンセス号に乗船したとされていますが、実際は現場に呼ばれていないにも関わらず強引に乗船しています。

船内では既に厚生省の職員が感染対策にあたっておりました。岩田健太郎さんは現場でどのような対策を行っているのかを把握せずに自分の意見ばかりを主張し、結果現場の指示系統を混乱させ下船を命じられました。

その後、岩田健太郎さんは現場の感染対策を批判する動画をYouTubeに投稿。これにより世間の評判が悪くなったようです。

 

岩田健太郎さんのダイヤモンドプリンセス号での行為に対して、ネットではこんな意見も。

たった2時間しか船内にいなかったのに全体像が把握できるわけがない。
本当にずさんな感染対策をしていたならYouTubeじゃなくて政府に言いなよ
わざわざ不安を煽るようなことして、目立ちたいだけなのか?
現場の動向も把握せずに言いたい放題じゃ追い出されて当然

 

医療に従事している岩田健太郎さんからすれば、このような緊急事態での厚生省職員の感染対策は確かに頼りなく見えたのかもしれません。

事実、感染対策の知識や経験がほぼ無い職員が現場対応にあたった為、感染爆発は起きてしまいました。

しかし、大規模なクルーズ船での感染爆発という、誰も経験したことの無い恐怖を前に頑張っている職員に対して、一方的に『あれは駄目だ』『こんな事しても意味が無い』と言って士気を乱してはいけないと思います。

 

一緒に頑張りましょう!というスタンスだったらもっと感染は防げたのかもしれませんね。



 

コロナ・ワクチン発言に信用ないとの声は本当?

ダイヤモンドプリンセス号の一件では批判が集中してしまった岩田健太郎さんですが、現在も医療の専門家としてコロナ対策について様々な著書や発言を積極的に行っています。

岩田健太郎さんの著書『新型コロナウイルスの真実 』には、先程のダイヤモンドプリンセス号での顛末や、ウイルスに対する専門家としての所見が書かれております。

著書の評判をまとめてみました。

 

著書の口コミ

子供でも読める文章でとても分かりやすく感染症の知識が身に着けられる

何も分からず不安だけが募っていたけど、この本で分かりやすく知識を得られた

個人でどんな対策をすればよいか考えさせてくれる内容

クルーズ船の内容はともかく専門家として嘘を書いていない

著書の内容に関しては『非常に分かりやすい』との評判が目立ちますね。

感染症の基本的な知識が分かりやすく勉強できるのはありがたいです!

 

コロナのワクチンに関しても、毎日新聞のインタビューで『ロナは短期間でウイルスが変化するというめったにない事が起きているウイルスなので、それにより感染スピードが上がり、ワクチンが効きにくくなる。この2点が懸念材料です』といった発言をしています。

確かにコロナは変異株がどんどん世の中に広まっていて、素人でもそのスピードに驚かされていますから、どうしてもワクチンが効きにくくなってしまう、というのは納得できる意見ですね。

 

また、2021年4月20日に岩田健太郎さんは『第4波は来るべくして来た』という見出しでインタビューに答えた記事が発表されました。

岩田健太郎さんはこのインタビューに対してこのように発言しています。

第4波の到来を防ぐチャンスはありました。国内で最初に変異株への感染が報告されたのは昨年末でした。その際、水際対策や、変異株に感染した人と濃厚接触者に対する疫学的な調査を、徹底的に強化するべきでした。当時は「変異株はまだ面的な広まりがない」といった理由で、海外に比べれば緩やかな対策しかとられませんでした。しかし、山火事と同じで、面的に広がっていない時こそが消火のチャンスだったのです。新規感染の半数以上を変異株が占めるまで広まってから抑え込もうとしても無理です。

引用元:AERA dot.

世界と比べるとコロナ対策で後手に回っている政府に対して、専門家としての的確な意見を述べている様に感じます。

ただ、ネットの評判では『いつも政府が対策を打ってから水を差す必要はあるのか』『政府に直接意見しないで後からあれこれ言うのは止めて欲しい』という意見も多いです。

また、同インタビューで岩田健太郎が放った『経済を回すにはある程度は高齢者が亡くなるのは仕方ない、という目標も、理論的にはあり得るでしょう』という発言も物議を醸しています。

いかにも政府がそう思っている、みたいな言い方は止めて欲しいです!

 

実際、この発言はネットで炎上する事態となっております。

仕方ないことが理論的にあり得る世界とは、鬼畜の世界ということです
思想と言葉が軽い。公衆の場に出て来ないで欲しい
自分が同じ高齢者の立場になった時に同じこと言えるのか?
完全に優生思想的な発言

 

コロナのせいで感情的になっている人達を逆なでしてしまう発言となりました。

以上のことから、岩田健太郎さんの評判をこのようにまとめてみました。

 

岩田健太郎の評判まとめ

行動力はあるが現場視点が足りずに批判を招いてしまう

著書では一般人でも非常に分かりやすい内容で一定の評価を得ている

専門家としての知見には納得できるものとそうではないものに分かれる



まとめ

今回の記事では『岩田健太郎の世間の評判は?コロナ・ワクチン発言に信用ないとの声は本当?』と題して、医師でありコロナの専門家の岩田健太郎さんの評判をまとめてみました。

読者がつい感情的になってしまう表現もありますが、一旦感情を切り離して岩田健太郎さんの意見を聞いてみるのが大事だと思いました。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

MANA

イケメンと明日海りお、甘いものが大好きな30代です。 会社員のかたわら、スキマ時間で活動するWEBライター。 読者目線で言葉を紡ぎます♡

© 2021 Garden