美容

アイリッドアップパーマとパリジェンヌの違いは?仕組みや持ちなど徹底比較!

最近ではナチュラルメイクの流行により、自まつ毛を最大限に活かせる”次世代まつ毛パーマ”が注目されています。

 

「よく聞くけど、種類が多くてどれがいいのかわからない。

 

そんな声にお答えし、「アイリッドアップパーマとパリジェンヌの違いは?仕組みや持ちなど徹底比較!」と題して、特に話題に上がる
アイリッドアップパーマ・パリジェンヌラッシュリフト、この2つの”次世代まつ毛パーマ”について紹介していきます。

 

eyelid-upperm
アイリッドアップパーマとは?持ちや効果、メリット・デメリットを解説!

続きを見る

アイリッドアップパーマとパリジェンヌの仕組みは?

人気のアイリッドアップパーマとパリジェンヌ、いざパーマをかけようと思っても、どっちがいいのかわかりませんよね。

そもそも何が違うのか、これから詳しくお話しします。

 

アイリッドアップパーマとは

アイリッドアップパーマとはまぶたごとまつ毛を立ち上げる特殊技の施術のことです。

まぶたごと上げていくことによって、二重の線を濃くしたり、二重幅をはっきりと出すことができます。

 

上がり方がとにかくすごい!!

 

一重が二重になることもあるほど効果的なので、眼瞼下垂症でお悩みの方にもオススメです。

また、下まつ毛も一緒にかけることによって、目をさらに大きくみせることができます。

さらには、ティント(まつ毛カラー)を導入することができるので、マスカラを塗った後の仕上がりにすることや、カラーを入れてオシャレにすることもできます。

こんな方におすすめ

      • 一重まぶたの方
      • 眼瞼下垂症の方
      • 二重をはっきりさせたい方
      • 加齢によるまぶたのたるみが気になる方
      • 従来のまつ毛パーマでは物足りない方

 

パリジェンヌとは

パリジェンヌとは自まつ毛の長さを最大限に生かし、根元から80度の角度で立ち上げるカールのことです。

従来のまつ毛パーマと違い、パリジェンヌはまつ毛エクステもつけられるという特徴があります。

生え癖の矯正力が高く、キレイに仕上げてくれます。

また、くるんとしたかわいい目元で自然な仕上がりなので、初めての方でも試しやすい!

 

こんな方におすすめ

  • 自まつ毛の長さを生かしたい
  • 自然に目を大きく見せたい
  • まつ毛パーマもマツエクも両方したい
  • 自まつ毛にクセがあり、マツエクが上手く装着できない

アイリッドアップパーマとパリジェンヌの違いや共通点は?

アイリッドアップパーマもパリジェンヌも根元からまつ毛を上げるのは一緒です。

しかし、上げ方や上がり方には差があります。

そこで、それぞれの違いや共通点をまとめてみました。

アイリッドアップパーマとパリジェンヌの共通点

では、アイリッドアップパーマとパリジェンヌの共通点をご紹介します。
共通点を箇条書きにまとめると以下の通りになります。

共通点は

  • どちらも優しく痛みづらい
  • 目を大きく見せてくれる
  • 自分のまつ毛が最大限に生かせる
  • 目を大きく開かせることで、光をより多く取り込み目をキラキラさせてくれます
  • メイクを落とした後もまつ毛は上向きのままなので、すっぴんも盛れる!
  • ビューラー要らずで、メイクの時短ができる

どちらもまつげに対して負担が少なく、目を大きく明るく見せてくれる施術です。
メイクで目を大きくしたり、明るく見せたりと努力する女性は多いですから、どちらも女性の悩みを叶えてくれそうですね!

アイリッドアップパーマとパリジェンヌの違いやポイント

では、それぞれの違いやポイントをおさえていきましょう。
どちらの施術に挑戦した方が良いか迷われている方は是非参考にしてみて下さい。

アイリッドアップパーマのポイント

アイリッドアップパーマは人によっては整形級の変化を得ることもできるまつ毛パーマと言われていますので、とにかく盛れます!!
その理由は以下の通りです。

アイリッドアップパーマのポイント

      • まぶたごと上げていくことによって、二重幅をはっきりと出すことができる
      • 従来のまつ毛パーマでは上げることができなかったまつ毛でも上げることができる
      • ティントを導入することができる

まぶたが重い方でも繰り返すうちに二重幅に癖もつき、持ちもよくなるので長期的に見るといいですね。

パリジェンヌのポイント

パリジェンヌは自まつ毛が短くエクステをつけたい方も、パリジェンヌとの併用で、まつ毛がバラバラになるのを防ぐ効果が期待できます。

パリジェンヌのポイント

          • 生え癖をキレイに整えてくれる
          • 毛先にカールをかけないことによって、エクステと併用することができる
          • 自まつ毛を『縮毛矯正』のようにストレートにかけることができる

自まつ毛の長さを最大限に生かしつつ、自然な仕上がりにしたい方はいい施術方法ですね。

 

アイリッドアップパーマの仕組みや持ち

アイリッドアップパーマってどんな施術?

どのくらい持つの?

そんな疑問にお答えします。

 

アイリッドアップパーマの仕組み

自まつ毛の生え際からまぶたごと持ち上げるアイリッドアップパーマは、最先端の特殊技法であり、二重幅を広くしてくれます。

シリコンの土台は使わず一人一人のまつ毛に合わせて、まつ毛の生え際からまぶたを上げていくので、従来のまつ毛パーマで上がらなかった人でも上げることが可能です!

個人差はありますが、1度でぱっちりと二重幅が広くなる人もいれば、回数を重ねることで二重幅の癖がつき、二重になる人も!

アイリッドアップパーマは、まぶたが重い人ほど二重ラインが出にくく落ちやすいですが、繰り返しているうちに癖がついていき、キープできるようになっていくので、厚いまぶたに悩んでいる方は繰り返ることで効果がでます。

 

アイリッドアップパーマの持ち

アイリッドアップパーマの持ちは大体20日から40日で、
個人差が激しく、まぶたが重いと数日で落ちることもありますが、回数を重ねるうちに癖がつき持ちもよくなります。

毛周期が3週間から4ヶ月なので毛の生え変わりでばらつきが出たら再度かけるサインです。

 

パリジェンヌの仕組みや持ち

パリジェンヌってどんな施術なの?

持ちはどのくらい?

そんな疑問にお答えします。

 

パリジェンヌの仕組み

パリジェンヌは自まつ毛を根元から80度立ち上がらせ長さを最大限に生かすカール技術です。

まつ毛をストレートにあげるため、「まつ毛の縮毛矯正」とも言われます。

1番の特徴は、マツエクと併用ができること!

カールが強いと、まつ毛とエクステの接着面を確保できずマツエクの持ちが悪くなり、マツエクにばらつきを生み仕上がりが悪くなりますが、
パリジェンヌは毛先にカールをつけないことによって、マツエクとの併用を可能にしたのです!!

それも施術直後から装着可能!

下まつ毛も同様です。

 

パリジェンヌの持ち

個人差はありますが、大体3週間から6週間程度でカールが落ちてきます。

まつ毛の毛周期は早く、3週間以降からまつ毛にばらつきが出てくるので、1ヶ月程度でまたかけるといいです!

 

まとめ

それでは今回は「アイリッドアップパーマとパリジェンヌの違いは?仕組みや持ちなど徹底比較!」ということで、ご紹介していきました。

 

次世代まつ毛パーマと言うだけあって、どちらも魅力的なまつ毛パーマでしたね。

二重整形を考えている方も、アイリッドアップパーマで二重になれば、リスクもコストもだいぶ削減できますので、1度アイリッドアップパーマを試していただきたいです!

従来のまつ毛パーマではまつ毛が上がらない方、自然に盛りたい方にはパリジェンヌを試していただきたいと思います。

どちらもリフトアップ効果があるのが嬉しいですよね。

それでは今回は以上です。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

eyelid-upperm
アイリッドアップパーマとは?持ちや効果、メリット・デメリットを解説!

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

haru

WEBライターのharuです。得意なジャンル以外の記事作成につきましても、いただいた仕事につきましては1つ1つ丁寧に対応、執筆させていただきます。ご興味を持っていただけましたら、メッセージでお気軽にお声がけください。

© 2021 Garden