東京オリンピック2020

サッカーメキシコ戦(3位決定戦)の解説者は誰?評判をまとめてみた!

オリンピックでサッカー日本代表がメダルをかけてメキシコと激闘を繰り広げます。
53年ぶりのメダルがかかる大一番なのですが、前回のスペイン戦から解説者が話題になっていました。

そこでこの記事では、サッカーメキシコ戦(3位決定戦)の解説者は誰?評判をまとめてみた!と題しまして、
解説者のプロフィールや口コミをまとめました。

サッカーメキシコ戦の解説者は誰?

サッカー日本代表メキシコ戦(3位決定戦)の実況・解説者は以下のメンバーで行われます。

アナウンサー:大澤幹朗
解説:中田浩二、曽根優(アナウンサー)

ところが、この解説者の中田さんと曽根さんの解説に対する評判や口コミが対照的で面白いのです。
そこでいくつか抜粋していきたいと思います。

曽根優アナウンサーの評判

曽根アナウンサーは以下のような口コミが多く寄せられていました。

曽根アナウンサーの声は落ち着くし、的確で聞きやすいと非常に評判が良いですね!
実際に聞いてみると、耳に届く声が心地よく内容が頭に入りやすい解説となっています。

一部「もう少しトーンを上げてほしい」「ギアチェンジしてほしい」と落ち着きすぎだと感じる意見もありましたが、全体を通してそこまで悪い評判は見受けられませんでした。

中田浩二の評判

ところが、中田浩二さんの評判は以下のようになっています。


かつての中田浩二さんを想像してみると、イメージが違ったとの声や、沈黙が多くてわかりにくい、説明不足との声が多かったです。
オリンピックで初めてサッカーを見る人や、中田さん自体を知らない方からすると疑問に思う解説となってしまったと思われます。
中には「どうしてまた起用するのか」と辛らつなコメントを残すサポーターまでいました。
解説はもう少し沈黙なく、そしてわかりやすく表現していただきたいですね。

中田浩二のwikiプロフ

最後に簡単に中田浩二さんについてご紹介いたします。

中田浩二のwikiプロフ

名前:中田浩二(なかたこうじ)
誕生日:1979年7月9日(42歳)
出身地:滋賀県志賀町(現大津市)
身長:182㎝
体重:74キログラム

中田浩二さんはかつて日本代表として、トルシエ監督時代、ジーコ監督時代、オシム監督時代を戦ってきたサッカー選手です。
国内では鹿島アントラーズに所属し、海外ではオリンピック・マルセイユ、FCバーゼルにも所属していました。

現在は鹿島のクラブスタッフとして、クラブを運営にあたって連携が必要な協賛企業・団体や行政機関、地元住民などをつなぐクラブ・リレーションズ・オフィサー(C.R.O)となっています。

素晴らしい成績を残していたのはわかりますが、解説はもう少し丁寧にしていただきたいですね!
それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

【東京五輪】谷晃生が守護神すぎる!海外の反応をまとめてみた!

続きを見る

【オリンピック】サッカー日本スペイン戦に海外・国内の反応!ハイライトも!

続きを見る

谷晃生(こうせい)の経歴まとめ!海外オファーの噂や世間の評価も集めてみた!

続きを見る

© 2021 Garden