トレンド

アメトーーク終了の噂は本当?雨上がり決死隊解散で今後はどうなる?

8月17日、「雨上がり決死隊コンビ解散!」が正式に発表されました。解散会見では、およそ2年ぶりに宮迫さんと蛍原さん二人そろって登場しました。

解散が正式に決定した現在、アメトーークは終了するのか?が注目されています。果たして番組終了の噂は本当か?番組継続の場合も「アメトーーク」の番組名に変更はあるか?雨上がり決死隊やアメトーークのファンでなくても気になりますね。

今回の記事を読めば、上記の疑問が解決できますよ。

【雨上がり決死隊解散でアメトーーク終了!】噂は本当?

ついに解散が決定した雨上がり決死隊。解散のニュースが流れると、コンビの冠TV番組「雨上がり決死隊のトーク番組 アメトーク」が放送終了となるのではと話題になりました

コンビ解散後も、番組名を変更して放送を継続すると予想した人もいれば、この解散を契機に番組自体が終了するのではと不安に思った人もいました。

番組終了か、名称変更か?気になる結果は、上記に紹介した8月17日放送「アメトーク特別編」放映開始前に明らかになりました。YAHOO JAPAN ニュース等で報道されたのです。

ニュースでは、番組継続決定が正式に伝えられました。番組のファンや、放送を楽しみにしていた人達はホッとしたと思います。

【解散後のアメトークどうなる?】今後についてまとめてみた

雨上がり決死隊は解散しましたが、番組「アメトーーク」の継続は決まりました。ファンとしては、ホッとした反面、番組名や内容は変わるのかも気になったと思います。

【アメトーーク継続決定!】井川の質問で解明!

番組名や内容が変わるのかについても、同じ日に判明しました!

アベマTVや吉本興業You Tubeで放映された「アメトーーク 解散特別報告会」で、出演者の井川さんが番組の今後について質問したのです。テレビ朝日松尾由美子アナウンサーは、現時点での意向とした上で、次のように答えました。

・蛍原徹プラスゲストMCの現在の形で継続する。

・番組名はこのまま。ただし、タイトル前半「雨上がり決死隊の」をカットする。

参照:2021年8月17日YAHOO JAPANニュース「【雨上がり解散報告会】『アメトーーク!』現状は継続  蛍原が複雑な胸中『僕だけ残るのは虫が良すぎる』」より

【ホトちゃん一人でもOK!】番組継続で視聴者からのエール

現在とほぼ同じ内容で番組継続決定の知らせを視聴者がどう受け止めたのかをまとめてみました。

視聴者的にはアメトークはホトちゃん一人の方が良くなったからね。

今の構成になってからのほうが見やすくなった気がする。(略)今は若手や中堅が生き生きと話している感じ。

参照:2021年8月17日 YAHOO JAPANニュース「【雨上がり解散報告会】『アメトーーク!』現状は継続  蛍原が複雑な胸中『僕だけ残るのは虫が良すぎる』」へのコメントより

2019年、宮迫さんが番組を降板した際には、蛍原さん一人でやっていけるのか不安の声もありました。それからずっと一人で番組を守り抜いてきた蛍原さんへの評価が高いですね。

現状と変わらない内容での番組継続を知り、ホッとした視聴者の方が多いのではないでしょうか?視聴者から愛されている長寿番組だと改めて分かりました。

【これからもアメトーークよろしく!】解散後の番組を有名人も応援!

実は、アメトーーク放送継続決定を喜んだのは、視聴者だけではありませんでした!

「アメトーク」と名称変更後最初の放送を「是非見て下さい!」とツイートしたのはダチョウ倶楽部さん。写真には豪華出演メンバーが勢揃いしています。投稿を見ると、芸能人の仲間たちも「アメトーク」やホトちゃんの門出を祝い応援しているのが伝わり、なんだか胸が熱くなりました。

視聴者からも芸能人からも愛され続けるアメトーークの将来が感じられますね。

まとめ

雨上がり決死隊解散により「アメトーーク」がどうなるのかについてまとめてみました。

残念ながらコンビは解散してしまいましたが、アメトーークはホトちゃんを中心にほぼ今までと同じスタイルで継続します。この番組が、視聴者からも身内の芸能人からも愛されていると分かりました。これからの放送がますます楽しみになりますね。

以上で今回の記事は終わりとさせていただきます。最後までお読みいただきありがとうございました。

久保のゴールパフォーマンス(Kポーズ)の意味は友達の誕生日祝いだった!

続きを見る

芸能人のサウナ目撃情報まとめ!セレブが通う高級店も調査!

続きを見る

aberyouhei-kapabiragarasaunahatto
阿部亮平のカピバラのサウナハットはこれ!通販や購入場所を調査!

続きを見る

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Masa

これまでに学級に配るお便りをたくさん書いてきました。子どもたちの良い姿や可能性などについて常にとりあげることを心がけてきました。読む人の心に、喜び、新たな気づき、明日への希望といったポジティブでワクワクできるような何かが伝わるような文章を書いていきます。ご興味持っていただいた方は、メッセージでお気軽にお問い合わせください。

© 2021 Garden